未分類

【YouTube更新のコツ】弱小YouTuberはどんな動画を意識しているのか?1ヵ月いろいろやってみた

投稿日:

介護エンターテイナー
ごきげんよう。介護エンターテイナー石田竜生です。

まだまだ、弱小(チャンネル登録者7000人規模)YouTuberが、
どんな工夫をしているのか?
広告収入はいくらぐらいなの?

YouTubeに動画をUPしている人、YouTuber(ユーチューバー)を目指している人は、ぜひ参考にしてください。

5月10日から続けているチャレンジ↓

1ヵ月間やるだけやってみたらTwitterとYouTubeはこうなった【船出編】

の報告記事になります。

ざっくりチャレンジの内容を説明すると
自分を『ブランディング』するために発信している7つの自分メディア↓

その中でも、なかなか更新が上手くいっていない、YouTubeとTwitterについて。
発信の方法を変えたらどんな変化が出るか、ひとまず1ヵ月間試行錯誤を繰り返しています。

6月10日で1ヵ月が立ちました。
1ヵ月どんな変化があった報告します。

1ヵ月YouTubeでこんなことしました

YouTubeはこんな戦略を試してみました。

上記の仮説から、1ヵ月間こんな戦略でYouTubeをやってみる

①顔出し動画を多めにする
②ノウハウ以外に人となりが分かるような動画を考える
③質より量 とにかく更新を多くする

特に意識したのは
①顔出し動画を多めにすること
③質より量 とにかく更新を多くすること

1ヵ月間、週5回の動画UPを続けました。

動画の内容は、主にレクリエーションやリハビリに特化したもの。
「こんな方法でやってみてはいかがですか?」
といったノウハウ動画を2分ぐらいにまとめてUPしています。

2分のYouTube動画を作るには、最低でも3時間必要

1ヵ月でUPした動画は23本
やればやるほど編集能力が上がりましたが、動画の撮影時間と編集合わせて、2分の動画を作るのに最低でも2時間はかかります。

1ヵ月前(チャレンジを続ける前)は動画編集の効率のいいやり方が分かっていませんでしたが、チャレンジを続けていくうちに週5本動画UPするためのコツがわかってきました。

レクリエーション動画更新のコツ

2~4分の動画を作るためのコツは、1日動画撮影日を決めて1週間分の動画を撮りためる。
撮りためた動画を、毎日編集してUPする。
これがベストだと今のところ感じでいます。

毎日撮影して、その動画を編集してその日にUPは難しい。
しばらくはこの方法で動画UPが続いていきそうです。

1ヵ月動画更新でチャンネル登録者は増加したの?

では、1ヵ月間、週5本動画をUPしたら、チャンネル登録者はどうなったのか?

まずは、1ヵ月前5月10日のチャンネル登録者数

YouTubeチャンネル登録者数は6,237人。
全体公開の動画はわずか13本。

 

1ヵ月後、6月10日のチャンネル登録者数↓

YouTubeチャンネル登録者数は6,699人。
チャンネル登録者増加数は462人

さてこの数字、今までと違いはあるのか?
前月、前々月と比較してみましょう

実施月(5月10日~6月10日)↓

※ページの反映に誤差があるので、表示では437人になっています。

前月(4月10日~5月10日)↓

チャンネル登録者増加数は382人

前々月(3月10日~4月10日)↓

チャンネル登録者増加数は321人

チャンネル登録者増加数は、321人→382人 から 462人

1ヵ月では何とも言えないのは確かですが、チャンネル登録者は増加傾向にあるといえるでしょう。
チャンネル登録者を増やすためには、視聴者に『チャンネル登録ボタンをポチっと押す』という行動をおこしてもらう必要があります

1ヵ月動画更新で視聴回数は増加したの?

チャンネルの総視聴回数は増加しています。
動画を更新すれば、チャンネル登録者に「更新通知」がいきますので、自然と動画視聴回数は増えます。

1ヵ月動画更新で広告収入は増加したの?

YouTubeは動画の視聴回数や、自分の動画についた広告の表示回数に応じて、広告収入が入る仕組みになっています。
YouTubeの規約で、「いくら収入があったか」を公にしてはいけない決まりになっています。
7,000人規模のYouTubeチャンネルの広告収入は、高校生のお小遣い程度だと思っておいてください。
ただ、この一か月で広告収入は1.5倍に増えました

まずは『チャンネル登録者を増やす努力』をするべき

7,000人規模のYouTubeチャンネルは、視聴回数も広告収入も気にする必要ないと考えています。
とにかくまずは、チャンネル登録者を増やすこと!
ここを意識して動画UPを続けていくことが重要だと考えます。

チャンネル登録者を増やすためにはどうすればいいのか?

では、視聴者が『チャンネル登録ボタンをポチっと押す』ためにはどんな動画をUPすればいいのでしょうか?

この2点が重要だと考えています。(たくさん細かい工夫が必要ですがざっくりと)

①視聴者が必要としているものを提供
②頻繁に更新がある

①視聴者が必要としているものを提供

YouTubeの動画は、大きく2種類に分かれます。

◆娯楽動画・・・楽しいと感じる・興味が湧く動画
◆学習動画・・・プライベートや仕事で役に立つ知識やノウハウが含まれる動画

僕が発信しているのは『学習動画』
『レクリエーション・体操動画』がメインとなります。

動画の中に知識やノウハウや含まれていないと誰も見てくれません。
ですから、
●介護の現場で働く人
●ご家庭で身体を動かしたいと考えている人
●健康に興味がある人
に対象を絞って動画を作っています。

②頻繁に更新がある

知識やノウハウが詰まった動画を作っても、頻繁に更新がないとチャンネル登録者は増えません
なぜなら、視聴者が動画をみつけて「この動画は役に立つ!」と感じても、動画の更新が行われていなければ、「このチャンネルは死んでいる」と思われてしまいます。

チャンネル登録のメリットは、登録したチャンネルが更新された時に通知がいくこと。
更新がないチャンネルのチャンネル登録をしても意味がないので、『チャンネル登録ボタンをポチッと押す』という行動には結びつかないのです。

 

まとめ

これからYouTubeにチャンネルを開設し、動画投稿をしていきたいと考えている人がいるなら、まずは動画の質は後回しにして、とにかく更新することを意識していくべきです。
質より量。
量産していけばコツがつかめてきます。
何が必要とされているか分かってきます。
動画の質は、動画のUPを繰り返していきながら高めていきましょう。

この1ヵ月で動いたからこそ、見えてきたもの、出会えたもの、経験できたことがたくさんありました。
これからの週5更新のペースを守っていきます。

2ヵ月、3か月後にどんな景色が待っているのか。
また報告しますので、お役立てください。

 

  • この記事を書いた人

介護エンターテイナー石田竜生

フリーランスの作業療法士として介護現場で働きながら、お笑い芸人、舞台俳優の活動も続けている。『人生のラストに「笑い」と「生きがい」を』をテーマに、『介護エンターテイナー』と名乗り活動している。 リハビリ体操に笑いの体操、エンタメ性いっぱいのアクティビティなどを取り入れ、介護現場を『笑い』でいっぱいにするために、ボランティア・セミナー研修講師・イベントゲストとして日本全国を飛び回る。YouTubeで配信している体操や健康のコツは再生回数70万回以上。 『介護×笑い』に関する取り組みへの注目度は高く、多数のメディアで執筆・取材の実績がある。 YouTube(https://www.youtube.com/channel/UCJhdPzUgJY9n8cFVSY03LhQ?view_as=subscriber)

-未分類
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© FUN SEED(ファンシード)介護と予防のこれから。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.