脳トレクイズ

歴代人気『ゆるキャラ』クイズ!子供から高齢者まで楽しめる!

投稿日:

たつ婆
老若男女に愛される「ゆるキャラ」についてのクイズです

子供とのコミュニケーションに!
高齢者のレクリエーションに!
フリートークの材料に!
会話の「つかみ」に!

クイズで考えること。新しい知識を得ることは脳の活性化になり、認知症予防に繋がります!
ぜひお楽しみください。

ゆるキャラ®グランプリ1位のキャラ名当てクイズ!

日本全国様々なご当地キャラが存在します。
そんなご当地キャラが多数参加するイベント「ゆるキャラ®グランプリ」。
ゆるキャラ®グランプリの各年の1位の名前を当ててみてください!

少しずつヒントを出していきましょう!
例えば・・・
・このキャラは何がモチーフでしょう?
・ここに名前が書いてありませんか?
・おしい!そこに一文字くわえたら?
など。

【問題1】
ゆるキャラ®グランプリ2018 このキャラの名前は?

所属: (公財)志木市文化スポーツ振興公社
市内に古くから伝わる河童の民話をモチーフに誕生。にも関わらず、すぐにお蔵入りして10年近くも放置されるという黒歴史を持つ。H23年に復活三次元化してからは振舞きゅうりをしながら飛び回る。キモヲタカッパ
出典:ゆるキャラグランプリオフィシャルウェブサイト

 

【問題2】
ゆるキャラ®グランプリ2017 このキャラの名前は?

所属:成田市観光プロモーション課
成田市特別観光大使として合言葉「うな。」の一言とともに大好きな成田を熱烈PR。
今年こそ目指せNO.1!みなさまぜひ応援を!うな。
出典:ゆるキャラグランプリオフィシャルウェブサイト

 

【問題3】
ゆるキャラ®グランプリ2016 このキャラの名前は?

所属:高知県須崎市

須崎市の新荘川で、最後に確認されたニホンカワウソ。残念ながら絶滅種指定されてしまいましたが、しんじょう君は今日も絶滅してしまったカワウソの友達たちを探しに旅をしています。そして、この魅力いっぱいの須崎市のPRをしています。
出典:ゆるキャラグランプリオフィシャルウェブサイト

 

【問題4】
ゆるキャラ®グランプリ2015 このキャラの名前は?

所属:浜松市
拙者は、浜松で過ごした17年間を足掛かりに出世した「天下の大将軍 徳川家康公」の生まれ変わりと言われているのじゃ。
拙者のうなぎのちょんまげには家康公の出世パワーが宿っておる。
出典:ゆるキャラグランプリオフィシャルウェブサイト

 

【問題5】
ゆるキャラ®グランプリ2014 このキャラの名前は?

所属:群馬県
今年は、ぐんまちゃん誕生から20年。世界文化遺産「富岡製糸場と絹産業遺産群」をはじめ、群馬県の魅力を多くの皆さんに知っていただけるよう、群馬県宣伝部長としてがんばっています。
出典:ゆるキャラグランプリオフィシャルウェブサイト

 

【問題6】
ゆるキャラ®グランプリ2013 このキャラの名前は?

所属:佐野市
佐野らーめんのお椀の笠に、いもフライの剣を持った佐野の城下町に住む侍。世界に佐野の魅力をPRすべく笠には外国の方にもわかるようローマ字で「SANO」と書かれている。表彰台のてっぺん目指して はっしん。
出典:ゆるキャラグランプリオフィシャルウェブサイト

 

【問題7】
ゆるキャラ®グランプリ2012 このキャラの名前は?

所属:第一印刷株式会社
バリィさんは愛媛今治(いまばり)市で生まれたキャラクターです。 焼き鳥、造船、タオルのまち、今治生まれ今治育ちのトリ。
出典:ゆるキャラグランプリオフィシャルウェブサイト

 

【問題8】
ゆるキャラ®グランプリ2011 このキャラの名前は?

所属:熊本県
「くまもとサプライズ」キャンペーンにおいて展開している熊本県PRマスコットキャラクター
所属:第一印刷株式会社

 

【答え】
【問題1】ゆるキャラ®グランプリ2018 カパル
【問題2】ゆるキャラ®グランプリ2017 うなりくん
【問題3】ゆるキャラ®グランプリ2016 しんじょう君
【問題4】ゆるキャラ®グランプリ2015 出世大名家康くん 
【問題5】ゆるキャラ®グランプリ2014 群馬県のマスコット
【問題6】ゆるキャラ®グランプリ2013 さのまる
【問題7】ゆるキャラ®グランプリ2012 いまばり バリィさん
【問題8】ゆるキャラ®グランプリ2011 くまモン

 

  • この記事を書いた人
funseed

介護エンターテイナー石田竜生

作業療法士 ケアマネジャー 芸人 リハビリの国家資格である作業療法士として介護施設(デイケア)で働きながら、大阪よしもとの養成所に通い、フリーのお笑い芸人・舞台俳優の活動を続けている。芸人・舞台俳優活動で培った技術を生かして、一般社団法人介護エンタ―テイメント協会を設立。『人生のラストに「笑い」と「生きがい」を』をモットーに、『介護エンターテイナー』と名乗り活動している。 リハビリ体操に笑いの体操、エンタメ性いっぱいのアクティビティなどを取り入れ、介護現場を『笑い』でいっぱいにするために、日本全国でボランティアやセミナー、講演会講師活動中。開催したボランティアは、のべ150ヶ所を超える。 『介護×笑い』に関する取り組みへの注目度は高く、多くのメディアから取材や執筆の依頼がある。 登録者12000人以上 総再生数200万回以上の YouTubeチャンネルは中高年や介護・医療職から絶大な支持を得ている。【介護エンタ―テイメントチャンネル】で検索!

-脳トレクイズ

Copyright© FUN SEED(ファンシード)レクリエーションに笑いの種を , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.