脳トレクイズ

【住まいの防犯クイズ9問】高齢者の空き巣被害を食い止めるレクリエーション

投稿日:

たつ婆
毎年、高齢者も多くの被害にあっている空き巣。空き巣被害にあわないためにも、泥棒や空き巣に対しての知識を深めていきましょう。

高齢者の被害を未然に防ぐためのポイントや、最新の手口等をご紹介します。
『こんな状況があぶないですよ』と説明してもいいのですが、クイズ形式にして考えながら知識を深めていくことで、より自分が抱えているリスクに対して注意を向けることができます。

クイズで学んでいきましょう!

空き巣被害を食い止めろ!住まいの防犯クイズ9問

空き巣被害にあわないためにも、泥棒や空き巣に対しての知識を深めていきましょう。
空き巣・泥棒に関する住まいの防犯クイズを用意しました。


【問題1】
泥棒が空き巣の下見に際し最も重要視することは?
①家の人が留守かどうかを見る
②金品がありそうかどうかを見る
③外壁や植木など死角になるものが多いかどうか

 

【問題2】
泥棒が家の留守を確認する方法で最も多い方法は?
①郵便受けに新聞や配達物が貯まっているかどうか
②夜になっても明かりがともらず音も聞こえないかどうか
③「ピンポーン」とインターホンを押して確認すし、人が出たら逃げる

【問題3】
泥棒の侵入方法で最も多い方法は何?
①施錠されていない窓を探してそこから入る
②窓ガラスを破り、手を差し込んで鍵を開け中に侵入する
③郵便ポストや植木鉢の下によく置いてある合鍵を探して侵入する

【問題4】
泥棒の侵入口で最も多い場所はどこ?
①玄関から
②勝手口(裏口)
③掃きだし窓
(下端が床と同じ高さになっていて、庭やバルコニーに接したリビングルームなどに設けられる窓)

【問題5】
泥棒が侵入後、金品を物色するのにかかる時間で一番多いのは?
①5分以内
②5分から15分
③15分から25分

【問題6】
泥棒が侵入して絶対探すところはどこでしょう?
①仏壇周り
②冷蔵庫
③たんす

【問題7】
泥棒が犯行に至りやすい天気は?
①晴れた日
②曇りの日
③雨風の日

【問題8】
泥棒が犯行をあきらめる理由で一番多い事は?
①防犯カメラが設置してある
②ドアに開けにくい鍵が付いていた
③近所の人にジロジロ見られていた

【問題9】
住宅侵入で最も被害が多い時間は?
①午前2時~午前9時の時間帯
②午前10時~午後4時の時間帯
③午後5時~午後10時の時間帯

出典:住まいの防犯対策

【答え】
【問題1】①家の人が留守かどうかを見る
泥棒が犯行の際に重要視するのは「留守かどうか」「入りやすいかどうか」「逃げやすさ」などを見ています。

【問題2】③「ピンポーン」とインターホンを押して確認すし、人が出たら逃げる
郵便受けに配達物が貯まっていたり、夜になっても明かりが灯らない事も留守の要素に違いはありませんが、泥棒が留守を確認する手段で一番多いのが何とインターホンを押す事なんだそうです。
家にいる時、インターホンが鳴って、外に誰もいなかった場合は、空き巣が狙っている可能性もありますので注意しましょう。

【問題3】②窓ガラスを破り、手を差し込んで鍵を開け中に侵入する
一番多い侵入口は吐き出し窓です、家の裏や壁などで死角になっている窓はガラスを割られて侵入される可能性が高くなります。センサーライトや2重ロック、防犯フィルムなど、防犯対策はしっかりしておきましょう。

【問題4】③掃きだし窓
泥棒の侵入場所で最も多いのは、吐き出し窓です。家の裏や塀などで死角になっている吐き出し窓は特に要注意です。

【問題5】②5分から15分
泥棒が侵入後、部屋を物色する時間で一番多いのが5分〜15分だそうです。
朝のゴミ出しや近所への買い物などのとき、すぐに戻るから、と鍵をかけずに家を離れていませんか?
泥棒は、狙った家を入念に観察しています。鍵が開いていればしめたものです。
あっという間に盗み出し、逃走してしまいます

【問題6】③たんす
やはり大事なものは「たんす」にしまうことが多いわけで、泥棒もそこを探します。
貴重品をちょっと思いもよらないところにおいておくのも防犯対策として有効です。

【問題7】③雨風の日
一見、晴れた日は外出する人が多いので晴れの日が泥棒にやられやすいようですが、一番多いのが雨や風の日です、雨音や風音でガラスを割る音や侵入の際の音がわからなくなってしまうのです。
特に風の強い日の夜など、店舗などがやられるケースが多いようです。

【問題8】③近所の人にジロジロ見られていた

泥棒は、近所の人にジロジロ見られたり、声をかけられたりすることを極端に嫌います。「通報されるのでは?」というような心配事があれば気になって仕事どころではないのです。
見知らぬ人がうろうろしていたら「こんにちは!どちら様をお探しですか?」などと声をかける事を町内会などで決めて地域全体で行うことも、防犯対策に繋がります。

【問題9】②午前10時~午後4時の時間帯
警察庁の統計を見ると、住宅侵入で最も被害が多いのは、一般的に不在になりがちな午前10時~午後4時の時間帯です。ただし、泥棒が狙うのは留守宅だけではありません。住宅侵入盗の3割近くが、在宅中にもかかわらず入り込む手口です。

 

  • この記事を書いた人
funseed

介護エンターテイナー石田竜生

作業療法士 ケアマネジャー 芸人 リハビリの国家資格である作業療法士として介護施設(デイケア)で働きながら、大阪よしもとの養成所に通い、フリーのお笑い芸人・舞台俳優の活動を続けている。芸人・舞台俳優活動で培った技術を生かして、一般社団法人介護エンタ―テイメント協会を設立。『人生のラストに「笑い」と「生きがい」を』をモットーに、『介護エンターテイナー』と名乗り活動している。 リハビリ体操に笑いの体操、エンタメ性いっぱいのアクティビティなどを取り入れ、介護現場を『笑い』でいっぱいにするために、日本全国でボランティアやセミナー、講演会講師活動中。開催したボランティアは、のべ150ヶ所を超える。 『介護×笑い』に関する取り組みへの注目度は高く、多くのメディアから取材や執筆の依頼がある。 登録者12000人以上 総再生数200万回以上の YouTubeチャンネルは中高年や介護・医療職から絶大な支持を得ている。【介護エンタ―テイメントチャンネル】で検索!

-脳トレクイズ

Copyright© FUN SEED(ファンシード)レクリエーションに笑いの種を , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.