レク・体操のコツ

机の上で出来る創造力を刺激する『脳トレレクリエーション』

投稿日:

たつ婆
ごきげんよう!たつ婆です。想像力を刺激する工夫できてますか?

当ブログ『FUNSEED(ファンシード)』では、リハビリやレクリエーションのコツ。
介護・医療業界で働く人を応援する情報を発信しています。

高齢者は創造すること(ゼロから何かを作り出す力)が少なくなっています。
デイサービス・介護施設でも、DVDの動きを真似するだけ。スタッフがする体操を真似するだけ。
「真似するだけ」が多くなると、自分で考えることや何かを作り出すことを忘れてしまいます。
これでは脳は衰えてしまう。

もっともっと脳を刺激するために、ゼロから何かを作り出すことをたくさん経験しましょう。

今回は想像力を刺激する『座ってできるレクリエーション』を紹介します。

○○さんにこんな才能があったなんて!イメージセラピー

目的・効果

脳の活性化 想像力・創造力の刺激 他者とのコミュニケーション 
新しい魅力の発掘

準備物

□〇△などの図形をランダムに配置した紙(ヒント用紙)を配布する。鉛筆 色鉛筆

ヒント用紙の例

内容

①参加者全員にヒント用紙を配布します。
②自由な発想で紙に絵を描いてもらいます。
③色鉛筆で着色してもらいます。
④描き終えたらテーブルごとに発表したり、後日フロアに掲示します。

ポイント

・高齢になると0から何かを生み出す創造力・想像力が衰え、ぬり絵のように、形があるものに色を塗ることはできても、白紙に自由に何かを描くのが難しくなります。
・簡単なヒントを提示することで、ぬり絵では出来ない創造する力を刺激します。
・スタッフが思いもよらない作品が次々を生み出され、ご利用者の新しい魅力を発見することが出来ます。

作品例  

用紙を180°90°回転させたり自由な発想がみられます

 

 

  • この記事を書いた人

介護エンターテイナー石田竜生

フリーランスの作業療法士として介護現場で働きながら、お笑い芸人、舞台俳優の活動も続けている。『人生のラストに「笑い」と「生きがい」を』をテーマに、『介護エンターテイナー』と名乗り活動している。 リハビリ体操に笑いの体操、エンタメ性いっぱいのアクティビティなどを取り入れ、介護現場を『笑い』でいっぱいにするために、ボランティア・セミナー研修講師・イベントゲストとして日本全国を飛び回る。YouTubeで配信している体操や健康のコツは再生回数70万回以上。 『介護×笑い』に関する取り組みへの注目度は高く、多数のメディアで執筆・取材の実績がある。 YouTube(https://www.youtube.com/channel/UCJhdPzUgJY9n8cFVSY03LhQ?view_as=subscriber)

-レク・体操のコツ
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© FUN SEED(ファンシード)介護のこれから。 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.