今日は何の日レク

毎日脳トレ・レクリエーション【8月17日 今日は何の日】千円紙幣に関する雑学クイズ・パイナップルに関する雑学クイズ

投稿日:

8月17日 今日は何の日

●プロ野球ナイター記念日
1948年のこの日、横浜ゲーリッグ球場で日本初のナイター・巨人対中部(現在の中日)戦が行われた。「ナイター」という言葉もこの時初めて使われた。
※好きなプロ野球チームを語ってみましょう

●パイナップルの日
株式会社ドールが制定。「パ(8)イ(1)ナ(7)ップル」の語呂合せ。

●千円紙幣発行の日
1945年のこの日、初めて千円紙幣が発行された。
※好きな紙幣を発表してみましょう

たつ婆
このブログのきょうの何の日は『ただの今日は何の日』で終わらない! 毎日のレクリエーションに使えるネタ。盛り上がる雑学や豆知識、フリートークの話題。 脳トレ問題や介護予防まで!『使える今日は何の日』となっています。

特に高齢者は、今日は何の日など『季節感を感じられるもの』は身体に様々なメリットになります。

レクリエーションのネタに困ったらコチラ!
もう「ネタ切れ」「マンネリ」とは言わせない!
↓↓↓↓↓ 

【高齢者レクリエーション決定版】座って楽しむレクリエーション40選!※子供から高齢者まで盛り上がる

【8月17日 千円紙幣発行の日】に関する豆知識・雑学・レクリエーション

千円紙幣についての豆知識・雑学クイズを用意しました。
「つかみ」としても「脳トレ」としても「コミュニケーション」としても使えるおススメレクリエーションです。

千円紙幣に関する豆知識・雑学クイズ

1945年の8月17日、初めて千円紙幣が発行されました。
最初に発行された千円紙幣は当時の最高額紙幣。
発行から1年経たずに失効となったため現存数が非常に少なく貴重とされています。

【問題】
歴代の千円紙幣の肖像を順番に並べてみましょう。
2024年発行予定の人物も問題に入っています。

●聖徳太子
●野口英世
●日本武尊(ヤマトタケル)
●伊藤博文
●夏目漱石
●北里柴三郎 紙幣 

答え

①日本武尊 紙幣 1945年~1946年

②聖徳太子 紙幣 1950年~1965年

③伊藤博文 紙幣 1963年~1986年

④夏目漱石 紙幣 1984年~2007年

⑤野口英世 紙幣 2004年~

⑥北里柴三郎 紙幣 2024年度発行予定

 

【8月17日 パイナップルの日】に関する豆知識・雑学・レクリエーション

パイナップルについての豆知識・雑学クイズを用意しました。
「つかみ」としても「脳トレ」としても「コミュニケーション」としても使えるおススメレクリエーションです。

パイナップル関する豆知識・雑学クイズ

【問題1】
パイナップルは、見た目があるものに似ていることから名前がつけられました。
それは何でしょうか?
①松ぼっくり
②はりねずみ  
③たわし

【問題2】
パイナップルは、「あるフルーツのように甘い」という意味から名前が付けられました。
そのフルーツは何でしょうか?
①オレンジ
②リンゴ
③メロン 

【問題3】
日本で唯一パイナップルが生産されている都道府県はどこでしょう?
①沖縄県
②北海道
③宮崎県

【問題4】
パイナップルを漢字で書くとどれでしょう?
①甘蕉
②甜瓜
③鳳梨

 

答え
【問題1】①松ぼっくり

【問題2】②リンゴ
松ぼっくりに似た形からパイン(松)の名前の由来と、アップル(りんご)のように甘いという意味から、合成してパインアップルがパイナップルという言葉になりました。

【問題3】①沖縄県
鹿児島県でも生産されてますが量が少ないため、統計上では沖縄県でのみの生産となっています。

【問題4】③鳳梨
甘蕉→バナナ
甜瓜→メロン

 

毎日脳トレ・レクリエーション【今日は何の日】の使い方!

●今日の何の日は、ただ「その日の成り立ち」を説明して終わりになってしまいますが、そこに雑学や脳トレやレクリエ―ションを加えているのが特徴です。

●この記事を使って日々のコミュニケーションやレクリエ―ションに役立てていただければネタに困りません!

●「今日は何の日」はその日だけで終わってしまいますが、記事の中で紹介しているレクリエ―ションや脳トレのネタはいつでもどこでも使えます。

●ぜひ前後の記事もどんどん参考にしてください!

●高齢者レクリエーションとしても、子供のレクリエーションとしても老若男女問わず楽しめる内容です。

  • この記事を書いた人
funseed

介護エンターテイナー石田竜生

作業療法士 ケアマネジャー 芸人 リハビリの国家資格である作業療法士として介護施設(デイケア)で働きながら、大阪よしもとの養成所に通い、フリーのお笑い芸人・舞台俳優の活動を続けている。芸人・舞台俳優活動で培った技術を生かして、一般社団法人介護エンタ―テイメント協会を設立。『人生のラストに「笑い」と「生きがい」を』をモットーに、『介護エンターテイナー』と名乗り活動している。 リハビリ体操に笑いの体操、エンタメ性いっぱいのアクティビティなどを取り入れ、介護現場を『笑い』でいっぱいにするために、日本全国でボランティアやセミナー、講演会講師活動中。開催したボランティアは、のべ150ヶ所を超える。 『介護×笑い』に関する取り組みへの注目度は高く、多くのメディアから取材や執筆の依頼がある。 登録者12000人以上 総再生数200万回以上の YouTubeチャンネルは中高年や介護・医療職から絶大な支持を得ている。【介護エンタ―テイメントチャンネル】で検索!

-今日は何の日レク

Copyright© FUN SEED(ファンシード)レクリエーションに笑いの種を , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.