レクリエーションのネタ帳

介護施設にUFOを呼ぶ方法4選!これこそ最高のレクリエーションだ!

投稿日:

あなたの介護施設に!UFOを呼んでみよう!

UFOとは、unidentified flying objectの略で、未確認飛行物体のこと。
その名の通り、何であるか確認されていない、正体不明の飛行する物体のことです。
UFOは、エイリアン(宇宙人)の乗り物だといわれています。

介護施設にUFOを呼ぶ方法【4選】

なんと!そのUFOを呼べる方法があるらしい。
せっかくなら介護施設の利用者さんと、レクリエーションでUFOを呼んでみるのはどうでしょう?

UFOの呼び方① UFOは、24日に出現しやすい

「UFOの出現は24日に集中している!?」という説が、1980年頃から専門家の間で囁かれているます。1947年にアメリカの実業家ケネス・アーノルドが、アメリカで初めてUFOを発見したのも、の6月24日。24日でした。
それ以外でも、24日に目撃されている例が多いそう。

UFOの呼び方② 服装は派手に光るジャケットがよい

宇宙人に分かりやすいように派手に光るジャケットを着るといいらしい。
反射板のついた服を着たり、ライトを服につけるなどして工夫してみてはどうでしょう。

UFOの呼び方③ リラックスして瞑想する

UFOを呼ぶには、リラックスして真剣に瞑想することが大事。
みんなで、落ち着いて静かに瞑想してみよう。
疑いの心があると宇宙人に伝わり、来てくれない可能性があるので、いることを信じて真剣にやることが大切。

UFOの呼び方④ 呪文を唱える

UFOを呼ぶための呪文があるらしい。
その呪文が

『ベントラ、ベントラ、スペースピープル、こちら○○町』

というもの。
座っていても立っていてもOKなので、小声で何度も唱えることが大切。

『ベントラ、ベントラ、スペースピープル、こちら○○デイサービス』

などと介護施設の名前を入れて唱えてみよう。

上手くいけばUFOが来てくれるかも。

デジカメなどで思い出に残そう!

 

  • この記事を書いた人
funseed

介護エンターテイナー石田竜生

作業療法士 ケアマネジャー 芸人 リハビリの国家資格である作業療法士として介護施設(デイケア)で働きながら、大阪よしもとの養成所に通い、フリーのお笑い芸人・舞台俳優の活動を続けている。芸人・舞台俳優活動で培った技術を生かして、一般社団法人介護エンタ―テイメント協会を設立。『人生のラストに「笑い」と「生きがい」を』をモットーに、『介護エンターテイナー』と名乗り活動している。 リハビリ体操に笑いの体操、エンタメ性いっぱいのアクティビティなどを取り入れ、介護現場を『笑い』でいっぱいにするために、日本全国でボランティアやセミナー、講演会講師活動中。開催したボランティアは、のべ150ヶ所を超える。 『介護×笑い』に関する取り組みへの注目度は高く、多くのメディアから執筆・出演の実績がある。 登録者24000人以上 総再生数400万回以上の YouTubeチャンネルは中高年や介護・医療職から絶大な支持を得ている。【介護エンタ―テイメントチャンネル】で検索!

-レクリエーションのネタ帳

Copyright© FUN SEED(ファンシード)レクリエーションに笑いの種を , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.