今日は何の日レク

毎日脳トレ・レクリエーション【12月25日 今日は何の日】クリスマス会でオススメのイベントは?

投稿日:

12月25日 今日は何の日

●クリスマス
イエス・キリストの降誕を記念する日。

●昭和改元の日
1926(大正15・昭和元)年のこの日、大正天皇が崩御し、皇太子であった裕仁親王が践祚した。

●スケートの日
日本スケート場協会が1982(昭和57)年に制定。

たつ婆
このブログの今日は何の日は『ただの今日は何の日』で終わらない! 毎日のレクリエーションに使えるネタ。盛り上がる雑学や豆知識、フリートークの話題。 脳トレ問題や介護予防まで!『使える今日は何の日』となっています。

特に高齢者は、今日は何の日など『季節感を感じられるもの』は身体に様々なメリットになります。

レクリエーションのネタに困ったらコチラ!
もう「ネタ切れ」「マンネリ」とは言わせない!
↓↓↓↓↓ 

【高齢者レクリエーション40選】座って楽しむレクリエーション決定版!※子供から高齢者まで盛り上がる

【12月25日 クリスマス】に関する雑学・レクリエーション

クリスマスに関するレクリエーションを用意しました!
「つかみ」としても「脳トレ」としても「コミュニケーション」としても使えるおススメレクリエーションです。

イベントはスタッフのことをもっと知ってもらうチャンス!

◆クリスマス会でスタッフの特技発表会

いままで隠していた?披露することのなかった?あなたの特技を、イベントを機会に披露するのはいかがでしょうか?
下手でも大丈夫!
イベントに向けて練習したことを一所懸命披露することが大切。
感動は必ず伝わります。
普段と違うスタッフの様子を見れば、より親近感がわき、新たなコミュニケーションも生まれます。
「あんたの○○最高だったわ!」と声をかけてもらえるはずです。

演劇 紙芝居 演奏 合唱 カラオケ 手品など

↑↑手品は難しく考えなくても大丈夫!とにかく勢いで乗り切れば上手くいくことがあります。笑
参考までに私が敬老会で披露したマジックショーの動画をご覧ください!

やっぱり二人羽織りがウケる

二人羽織りでご飯を食べるだけでも盛り上がります。
シュークリームの中に一つだけカラシたっぷりにしてロシアンシュークリームにしたり・・・

 

ご利用者『参加型』で役割を持ってもらう

◆ご利用者参加型の演劇

演劇の基本的な進行はスタッフが行い、ちょっとした役をご利用者にお願いします。
(悪者を倒す時に、刀を持って切ってもらうなど)
「自分も参加している」ということが役割を持つことに繋がり、参加に積極的になります。


↑スイカ割りも「安全面に気をつけながら」参加型にしてみる

◆着替えてもらう・化粧をしてもらうだけでも気分は変わる

いつまでもオシャレは大切。でも普段はそんな機会がない!
イベントの時にスタッフがお手伝いしてみませんか?
素敵な表情になりますよ。

◆ご利用者で合唱クラブ結成

イベントへ向け、歌が得意な人同士で合唱クラブを結成。
みんなの前で披露してもらいます。
目標に向けて活動することは、生活に張りをもたらします。

◆料理を作り味わう会

デイサービス・介護施設でも料理の腕をふるってもらいましょう。
女性はお母さんに早変わり。普段とは違うテキパキとした姿を見ることができるかもしれません。
意外と男性もノリノリで参加してくれます。

お菓子づくり 餅つき ケーキづくり など

 

イベントは準備段階からかかわってもらおう!

『イベントに向けて』会場の飾りつけなどの準備をご利用者にお願いしましょう。
「イベントを成功させるために」「来てくれるボランティアの方や、子供たちのために」という、
「誰かのために」が人を動かします。
普段は手作業に参加してくれない男性も「誰かのために」なら動いてくれるはずです。

 

デイサービス・介護施設を知ってもらうイベントにする

◆地域住民・ご家族参加型イベント

介護施設ってどんなところ?
認知症予防の体操ってどんなの?
介護の疑問をプロにぶつけたい。
正しい移乗の仕方、食事介助の方法ってどうやるの?

そんな風に疑問に感じている人が、デイサービス・介護施設の周りにはたくさんいます。
せっかくならイベントをきっかけに知ってもらうのはどうでしょう。

介護相談会 介護教室 体操教室 普段しているレクリエーション体験 など

 

普段やっていることをちょっとだけ工夫する

◆運動会開催

普段レクリエーションでしていることも、「運動会」と名前を変えればイベントに早変わり!
チーム対抗や、競争形式にして盛り上げましょう。

玉入れ 風船を使ったゲーム ボール運び競争など

◆ご馳走イベント

食事やおやつをバイキング形式で提供してみましょう。
食べているものは普段と同じでも、配膳の形式を変えるだけで特別感を演出できます。
食べ物の場所まで移動することもリハビリになります。

◆「普段とはちょっと違うこと」でOK

「変わった」「斬新」なイベントをする必要はありません。
○月○日に「こんなイベントがあります!」と告知することが、ワクワクドキドキを引き出すのです。
タイトルや進行を工夫し、普段とはちょっと違う時間を共有することがイベント開催では重要です。

☑ 普段手作業レクで作った作品を展示。 ⇒ 文化祭 
☑ 大会に向けて普段から書道を練習。当日は作品を展示。 ⇒ 書道大会
☑ いつもやっているカラオケも、みんなの前に立って歌うだけで大会に。 ⇒ カラオケ大会
☑ 懐かしの映画をレンタルし、みんなでみれば鑑賞会に。 ⇒ 映画観賞会

 

毎日脳トレ・レクリエーション【今日は何の日】の使い方!

●今日の何の日は、ただ「その日の成り立ち」を説明して終わりになってしまいますが、そこに雑学や脳トレやレクリエ―ションを加えているのが特徴です。

●この記事を使って日々のコミュニケーションやレクリエ―ションに役立てていただければネタに困りません!

●「今日は何の日」はその日だけで終わってしまいますが、記事の中で紹介しているレクリエ―ションや脳トレのネタはいつでもどこでも使えます。

●ぜひ前の記事もどんどん参考にしてください!

●高齢者レクリエーションとしても、子供のレクリエーションとしても老若男女問わず楽しめる内容です。

  • この記事を書いた人
funseed

介護エンターテイナー石田竜生

作業療法士 ケアマネジャー 芸人 リハビリの国家資格である作業療法士として介護施設(デイケア)で働きながら、大阪よしもとの養成所に通い、フリーのお笑い芸人・舞台俳優の活動を続けている。芸人・舞台俳優活動で培った技術を生かして、一般社団法人介護エンタ―テイメント協会を設立。『人生のラストに「笑い」と「生きがい」を』をモットーに、『介護エンターテイナー』と名乗り活動している。 リハビリ体操に笑いの体操、エンタメ性いっぱいのアクティビティなどを取り入れ、介護現場を『笑い』でいっぱいにするために、日本全国でボランティアやセミナー、講演会講師活動中。開催したボランティアは、のべ150ヶ所を超える。 『介護×笑い』に関する取り組みへの注目度は高く、多くのメディアから取材や執筆の依頼がある。 登録者12000人以上 総再生数200万回以上の YouTubeチャンネルは中高年や介護・医療職から絶大な支持を得ている。【介護エンタ―テイメントチャンネル】で検索!

-今日は何の日レク

Copyright© FUN SEED(ファンシード)レクリエーションに笑いの種を , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.