レク・体操のコツ

レクリエレクリエーションは楽しくなくていい!

投稿日:2019年4月27日 更新日:

たつ婆
レクリエーションは楽しくなくていい!だからもう「楽しくしなきゃ・・・どうしよう」で悩まないで!

当ブログ『FUNSEED(ファンシード)』では、リハビリやレクリエーションのコツ。高齢者をはじめ、介護・医療業界で働く人を応援する情報を発信しています。

「楽しくしなきゃ」という考えを捨てよう

参加する人全員が楽しめるレクリエーションや体操を教えてほしい

というリクエストをよくいただきます。

でも、集団でレクリエーションをする場合、
参加する人全員が「楽しい」と感じるレクリエーションはこの世に存在しません。

たとえば、高視聴率で超人気のTV番組も、十人十色でその番組が好きな人もいれば、苦手な人もいるのが当たり前。

当然レクリエーションにも同じことが当てはまります。

楽しさや喜びの感じ方は人それぞれ。
性別、過ごしてきた環境、年齢や身体の状況など、一人として同じ人はいないからです。

「楽しくしなくちゃ」と悩んで、レクリエーションをするのが怖くなってしまう人がたくさんいます。
「楽しい」を感じてもらうことだけがレクリエ―ションではありません。

「楽しい」だけではなく、目的を明確にしたレクリエーションを目指しましょう。

『いつかの楽しい・喜び』に繋がるようにレクリエーションを考えよう

悩んだときは、時間軸をずらして考えてみます。

たとえば、Aさんはその場では楽しそうではないかもしれない。
でも、レクリエーションで足を動かすことで、3か月後、Aさんの「歩く喜び」に変わっているかもしれません。
すべてのレクリエーションは、機能回復に繋がっています。
あなたがご利用者やご家族と一緒に取り組むレクリエーションは、「いつかの楽しい」に変わっていくはずです。

そのためにも、「ただなんとなくレクリエーションをする」のは、もうやめにしましょう。
なぜそのレクリエーションをするのか、どうなってもらいたいのかを常に考え、根拠のあるレクリエーションを提供していくことが大切です。

【介護レク】高齢者レクリエーションの目的・意味とは?ネタ切れしない方法

『それぞれの目標達成のため』にレクリエーションを

では、何のためにレクリエーションや体操をするのでしょうか。

筋トレやストレッチのため?
楽しい時間を提供するため?
他者とコミュニケーションをとるため?

どれも正解ですが、その先を考えてみましょう。
その人が「どんな生活をのぞんでいるのか」目標を明確し、その目標の実現のために、レクリエーションや体操を実施することが重要です。

 

  • この記事を書いた人
funseed

介護エンターテイナー石田竜生

作業療法士 ケアマネジャー 芸人 リハビリの国家資格である作業療法士として介護施設(デイケア)で働きながら、大阪よしもとの養成所に通い、フリーのお笑い芸人・舞台俳優の活動を続けている。芸人・舞台俳優活動で培った技術を生かして、一般社団法人介護エンタ―テイメント協会を設立。『人生のラストに「笑い」と「生きがい」を』をモットーに、『介護エンターテイナー』と名乗り活動している。 リハビリ体操に笑いの体操、エンタメ性いっぱいのアクティビティなどを取り入れ、介護現場を『笑い』でいっぱいにするために、日本全国でボランティアやセミナー、講演会講師活動中。開催したボランティアは、のべ150ヶ所を超える。 『介護×笑い』に関する取り組みへの注目度は高く、多くのメディアから取材や執筆の依頼がある。 登録者12000人以上 総再生数200万回以上の YouTubeチャンネルは中高年や介護・医療職から絶大な支持を得ている。【介護エンタ―テイメントチャンネル】で検索!

-レク・体操のコツ
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© FUN SEED(ファンシード)レクリエーションに笑いの種を , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.